住居選びのかなめになるのは、地域の治安

学生であるため、1Kのいわゆるアパートに住んでいます。

大学が近い場所かつ、家賃の安い、周りに気を使わない学生専用のアパートを探した結果、
今の場所に落ち着きました。

実は在学2年目で、前アパートのオーナーから立て壊しの連絡があり、
同じ地域内の今の場所へと引っ越してきました。

前アパートの時に今の地域の治安の良さは身にしみてわかっていたため、
地域についてはかなり満足です。

広さも8畳ほどで、値段の割にかなりリーズナブルで気に入っています。
もともとあまりものをおかないたちなので広大な部屋は必要ではありませんでしたが、
それでもかなり有意義に部屋を使えています。

自分はバイクを所有しており、その置き場について最初はかなり心配していました。
バイク一台のために駐車場を借りる羽目になるのではと。
しかし、一階の角部屋であることもあり、
部屋の前のスペースをかなり有意義に使え、とても満足しています。

トイレと風呂が別なのも正解でした。
友人等が泊まる時にはかなり便利です。
ただ、一点だけ不満があります。向かいにかなり古いコーポのようなものがあり、
8部屋くらいのうち、1部屋のみ住人がおります。

その住人は、歳を召したおばあさんなのですが、
その方が野良猫を餌付けして、周りに猫が数十匹常に徘徊しています。

一度、ゴミ捨て場に子猫が挟まり近所の方が大騒ぎしておりました。
また、繁殖期になると昼夜問わず至る所で猫達が交尾や喧嘩を始め常にうるさい状況にあります。

普段は気にならないものの夜寝る間際や、テスト勉強等している時にはかなり妨げになります。
ただこの一点のみに不満があります。

こればかりは住んでみないとわからないことなのでなんとも言えないですが、
下見や情報収集は大事だと感じました。

次回以降の引っ越しではやはり地域の治安を第一にしたいと思います。
部屋の大きさは下見の時に判断できるし、中身も自分好みに変えられますが、周りの雰囲気のみはどうすることもできません。
地域の治安は住居選びでかなり重要なファクターになると思います

Tags :
カテゴリー: 未分類

コメントを残す。